三重県・津市の二重・ヒアルロン酸・ボトックス・豊胸・ワキガ・AGA・ED治療の美容整形・美容外科で口コミの三重・津セントラルクリニック

三重・津セントラルクリニック

ご予約・ご相談は06-4396-8228

美容整形、わきが・多汗症治療について

わきが・多汗症

切らないわきが治療~ボトックス注射~

切らないわきが治療~ボトックス注射~

ワキガ・多汗症治療にボトックス注射

わきの皮膚全体にボトックスを細かく注射していくだけの方法で、手軽にわきが・多汗症治療を行うことができ、高い効果を発揮するのが最大のメリットです。
持続効果は平均6カ月で、定期的に注射を実施していきます。
わきボトックス注射のポイントは『面積あたりに必要十分なボトックスを打つこと』です。
ボトックスはよく1本○○円と表現されるクリニックが多いですが、ボトックスに本数は存在いたしません。
あなたのわきのサイズにあわせた適切なボトックス量を注射することが、注射で最大限の効果を出すポイントです。

ほくろ・刺青切除

刺青(入墨)について~警鐘

刺青(入墨)について~警鐘

最近は、ファッション感覚で刺青(イレズミ)を肩や腕などにいれている若者が目立ちます。
『簡単にレーザーでとれる』と安易に考えていれたり、『何らかの証しとして一生消さない決意』をもって刺青を入れることも多いようです。
また、刺青(入墨)を消したいと思う時期は、就職や結婚、また子供とお風呂やプールに行くタイミングの方がほとんどです。いれるのは簡単ですが、消すのは大変な労力と費用がかかることも十分理解して決断してください。

刺青切除による刺青除去~分割切除・局所皮弁法

刺青切除による刺青除去~分割切除・局所皮弁法

刺青の色で、緑色や黒色などはレーザーで消したり、薄くすることは可能ですが、その他の色(特に赤や黄色)はレーザーで消すことが困難な場合があります。この場合には刺青切除による刺青除去が適応です。ただ、切除といっても形成外科・美容外科における特殊縫合法を使って施術しますので、傷跡はほとんど目立たなくなります。
その1つが分割切除です。2~3回に分けて刺青を少しずつ切除すると傷の長さも大きくならず、最小限の傷で刺青除去を達成します。傷の幅も1㎜程の1本の線になりますし、色もほぼ肌色になりますので、目立ちません。また、皮膚に余裕のない場所に刺青を入れている場合は局所皮弁法を使って刺青を1回で切除することも可能です。
レーザー治療は手軽である反面、最低でも3~5回(場合により10回以上)の照射が必要で、治療期間が長くかかってしまいます。どうしても短期間で治療を済ませたい方にも刺青切除による刺青除去は適応です。

施術の流れ

患者様の年齢、除去箇所、深さ、色などで、取れるのか、薄くなる程度なのかを判断し、適切な施術方法を提案いたします。

施術方法や治療期間、費用について十分なお理解をいただいたうえで施術日程を決定いたします。

※アフターケアと注意事項

もしも術後にどうしても気になることがございましたら、遠慮なく当クリニックまでご相談下さい。
施術を受けられた方々の立場になり、万全で安心のアフターケアをアドバイスいたします

PAGE TOP